瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、不動産の売買後にシロアリなどの欠陥などが見つかった場合に、売主買主に対して負う責任のことを指します。


買主は、善意無過失(落ち度がない)の場合に限り、損害賠償や契約の解除を求めることができます。注意したいのが、この権利は「買主が瑕疵を発見してから1年以内」に行使することが可能です。


瑕疵担保責任の対象は以下のようなものがあります。


・物理的瑕疵

不動産に対する物理的な欠陥や問題を指します。


・心理的瑕疵

過去に自殺があった建物など、その不動産を利用することに不安を感じる問題を指します。


・法律的瑕疵

法律による制限によって、不動産を利用する目的を果たせない問題を指します。



最新記事

すべて表示

日照権

日照権とは、建物に対する「日当たり」を確保する権利のこと。

任意売却

任意売却とは、何らかの理由で住宅ローンなど借入金が返済できなくなった不動産を…

納戸

納戸とは、衣服や家財をしまっておくスペースのことを指します。