• グリット

日照権

日照権とは、建物に対する「日当たり」を確保する権利のこと。


法律で定められているわけではありませんが、建築基準法では「斜線制限」と「日影規制」の2つが定められています。

日照権に関するトラブルを避けるためにも、家を購入する際には知識として知っておきましょう。


「斜線制限」

建物と建物の間の空間を確保することで、隣接する土地の日照、通風、採光を妨げないように建築物の高さを制限されること。

また、斜線制限には「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」の3つがあります。

これらもそれぞれ内容が違うので、きちんと把握しておくことをおすすめします。


「日影規制」

中高層の建物を建てる際に、日影を一定時間以上生じさせないと定めた制限。

規制対象になる建物は、用途地域と高さによって決まります。



最新記事

すべて表示

任意売却とは、何らかの理由で住宅ローンなど借入金が返済できなくなった不動産を…

納戸とは、衣服や家財をしまっておくスペースのことを指します。

借地権とは、土地を所有する権利のこと。